2次元と2.5次元と3次元

ゲームとテニミュとヅカ

雪組中日劇場公演 星逢一夜/Greatest HITS!

2月18日昼公演行ってきたので感想を少々。

初めて見る感動を味わいたかったので敢えて初日映像もNOW ON STAGEも見ずに予習ゼロの状態で挑みました。あらすじも前半ざっくりしか把握してませんでした。

小さいころに農民の子供たちと星を見て遊んでた主人公が、大きくなって藩主になってかつての仲間と対立する話、ぐらいざっくり。

冒頭、主人公の晴興が過去を振り返るような独白と、ヒロインの泉が晴興と源太の間で揺れる、という感じの歌とダンスから始まるんですが、もうこの時点で会場の色んなところから啜り泣きが聞こえてきます。えっみんな早くない!?まだ開幕5分だよ!?と思うじゃないですか。でも、全部見終わった今ならその気持ちめちゃくちゃ分かる。私ももう一回見たらたぶんあそこで泣く。

その最初のシーンで、ああ最後は多分ハッピーエンドではないんだなってことがなんとなくわかって(まああらすじ読んだ時点で想像はできるんだけど)、それだけに幼少時代の無邪気さが切ない。

子供たちが星見の櫓を作るシーンがあるんですけど、すっごいワチャワチャしてるシーンなのに何故か泣けてきて、「あ、この作品マジでヤバい(涙腺が)」と気づき始める。

そのあと、江戸へ行ってしまう晴興と子供たちが別れるとこ、大泣きするちょび康(さきちゃんの泣きの演技に胸が締め付けられる!)にもらい泣きしつつ、晴興が泉に小刀を託すシーンで本日一回目の号泣タイムだった。

咲妃みゆの演技はすごいなぁ。見てる人を世界に引き込むよね。

一緒に行った家族、しゃあないから付き合ってやるよ~ってノリで見に来てたのに、途中私の手から双眼鏡奪って咲妃みゆガン見するほど世界に入ってたし、終わった後それツッコんだら「いやあのときの咲妃さんの憑依芸ほんとすごかったんだって・・・」とか謎の弁解してて笑った。わかる、わかるぞ・・・

 

江戸に行って大人になった晴興は超絶美しくて、やっぱちぎさんは黒髪和装が似合うな~!!!!イヨッ日本物の雪組!サイコー!!!!って心の中で拍手喝采した。

あと晴興と秋定@彩凪さんの関係性大好き。晴興が江戸に行っても孤独じゃなかったのは秋定のおかげなんだよ・・・秋定ほんとありがとな(誰目線?)

ちなみに晴興と秋定が三日月藩に来るときに客席通路通るんだけど、そのときめちゃくちゃ至近距離からちぎさん拝めてハワ~~・・・・///って感じでした。

そんで、晴興が三日月藩に帰ってからが2回目の号泣タイムだった。

晴興と泉と源太がさぁ・・・三角関係などという生易しいもんじゃないんだよ・・・

源太は泉のこと好きだけど泉に幸せになってほしいから晴興と泉をくっつけようとするし、

泉は晴興のこと忘れられないけど源太を幸せにしてあげたいし、

晴興は泉のこと好きだけど自分は貴姫と結婚すべきだって分かってて、源太の気持ちも分かってるから泉は源太と幸せになってほしいし、

3人が3人とも辛すぎるんだよ!!!

3人のうち誰に感情移入しても泣けるよぉ・・・つらいぃ・・・・・・

結局泉が晴興を振り切って「私が源太を幸せにする!」ってとこで、(やっぱそうなるのかー!!!いやでもここはこうするしかないんだよな分かるよ・・・)とか思ってボロボロ泣いてしまった。私これマスカラつけてこないほうがよかったな。

 

そのあとはただただ鬱展開です。もう全員が不幸。

貧困で子供を亡くすちょび康。

成功する見込みが薄いことを知りながらも、藩に一矢報いるために一揆を起こそうとする源太。

源太の気持ちを理解しつつも、子供たちや多分晴興のことも思ってそれを止める泉。

村のみんなを助けたいと思いつつも幕府からの圧力に逆らえず板挟みになる晴興。

心の中で「吉宗テメェ!!どうにかせい!!」と八つ当たりし始める私。

結局一揆が起こってしまって、そこで源太が昔晴興に教えられたこと、俺たちは足元は見ない!星を見るんだ!(セリフうろ覚えだけど)って言いながら剣をふるい、晴興と戦うところきつすぎる。

こんな残酷な展開あります?晴興が小さいころにみんなに教えたことが、結果的に一揆軍の戦う信念になってしまうなんて、悲しすぎません・・・??上田久美子先生・・・(そこにクレームするの?)

 

ラスト、島流しが決まった晴興に「2人だけでどこか遠くに行ってしまおうか」と言われてその言葉になびきそうになる泉、子供たちが泉を探す声に我に返ってそのまま別れる2人、夏祭りの夜に星を見て晴興を思い出す泉、のハイパーコンボで涙腺ぶっ壊れて死んだ。

双眼鏡から手を離せないのでそのまま涙垂れ流すしかなくて、終わってみたらセーターのハイネックの部分めっちゃ濡れてるの、舞台観劇あるあるですよね!?

 

この作品が心に刺さるのは、話の内容が泣けるってのももちろんあるんだけど。何よりみなさんの演技がほんとに素晴らしいせいだと思うんですよ。。。

晴興も泉も源太もそのほかのキャラクターも、それぞれがその時代を必死に生きて、自分の信じた道を行くという意思がすごく伝わってきてなあ・・・そのせいで余計に感情移入してしまって物語の世界に入り込んでしまった。

というか、一つの作品の中で幼少時代と大人になってから(それも、結婚前の若い時と、子供ができてからの時)を演じ分けるって絶対大変だと思うけど、ちゃんとみんなそれぞれの個性を失わずに大人になってるのすごいなあ・・・。ツイッターにも書いたけど特に咲妃みゆちゃんの年老い方が上手すぎる。

 

 

そんな感じで幕間30分ずっと星逢一夜の余韻に浸ってて、「やばいこれ全然グレイテストヒッツな気分じゃない・・・どうしよう・・・」とか思ってたけど、いざグレイテストヒッツ始まったら普通にテンションぶち上がりました。

というのも、客降りちぎみゆだいが近すぎたんだよおおおお

1階後方センター通路に近い席だったんですけど、まさかのセンター通路にちぎみゆだい3人集合して肩組んで歌うのが近くて!!!ギャー!!ヤバい!!もうヤバいしか言えない!!みたいな状態(アラサーとは思えない語彙力)

通路横の席ではなかったのでおててタッチはできなかったけど、あんな間近で見れただけで十分幸せ・・・

グレイテストヒッツは、まさかの名古屋ネタ(金じゃなくて銀のシャチホコだったw)とかもあって面白かった~ゴーストバスターズ

上京してきたみゆちゃんがいろんな男とダンスするやつめっちゃ可愛かったよね・・・・・・

あと、ちぎさんとだいもんのBLみたいなとこ(?)で歌ってた娘役さんの歌唱力がすごくて思わずガン見してしまったんだけど、舞咲りんちゃん?(終わった後速攻パンフレットで確認)マジかっこよすぎて鳥肌だった!!

歌唱力といえばだいもんも相変わらず歌唱力オバケだった。あのベートーベンの運命のとこ。音程も声量もビブラ~トも安定のだいもんって感じ。。。

去年ムラと東京でやってたクリスマスメドレーの場面は刷新されて、グレイテストマンボになってたらしい。これは家帰ってきてNOW ON STAGE見て知りました。

ちぎみゆのデュエットダンスほんとラブラブ感すごくて最高としか言えない。生で見るのはこれが最後かと思うと寂しいなぁ・゜・(つД`)・゜・

退団公演は多分見に行けなさそうなので、、、次に雪組見に行くときはトップ交代後だろうなあ。そしてそのころには月組から異動したあーさが活躍していてくれることを期待!

 

 

ところで、前の方の席にすごいジェンヌさんオーラを纏った方がいて、もしかして・・・?ざわ・・ざわ・・・となっていたら、隣の席の方に「あれ月組さんですよ、たぶん白雪さち花ちゃんだと思います」と教えていただき、よく見たら白雪さち花ちゃんだった!!!!

男役の方と来ていらっしゃったみたいだったけど、男役さんの方は顔よく見えなくて誰だか分らなかった~・・・一応月組推してるのに、すいません・・・